宇都宮市中戸祭・若草・星が丘の整体 <宇都宮で整体のご用命は、ぜひ浅野整体へ>

症状について Blog

痛みの効用 ~Sさんの場合~

整体法では、
  直接、鎮痛剤の注射を打った腰
  牽引された腰
  手術を受けた腰
などは、整体で治癒させるのは難しいと言われています。改善しない訳ではないのですが、時間が掛かってしまうのです。整体は自然治癒力が旺盛な体に導くのが一つの目的なのに対し、鎮痛剤の注射などは感覚を麻痺させることで痛みを鈍らせる治療法です。つまり、目指していることが全く正反対なのです。

Sさんという方が、私の操法を受けたいとご連絡くださった時、正直とても悩みました。30年来、椎間板ヘルニアや坐骨神経痛を患っておられて、腰の手術を受け、何度も注射を打ったりと、あらゆる治療を受けて来られた方だからです。ご期待に沿えなかったら申し訳ないとも思ったのですが、
「改善するのに時間が掛かるかも知れません」
とお断りしたうえで、私にできる限りのことをさせていただこうという気持ちで操法をさせていただきました。

案の定、初回はあまり効果を実感していただけなかったようですが、一つの体操をお教えしました。仰向けの状態で、上に挙げた脚をゆっくりとおろしていくという、動き自体はとても単純な体操なのですが、この時に正しい腰の使い方で脚を下していくことが重要になります。それによって、体に正しい腰の動きを覚え込ませ、日常生活でも体に負担が掛かり、痛みを生み出している動きをしないように修正するのが、この体操の目的なのです。
この時、腰の痛みとは、正しい動きを教えてくれるナビの役割を果たしていると言ってよいでしょう。
「そう動かすと痛いです。やめてください。」
「ああ、それなら楽です。いいですよ。」
と、腰は一生懸命にご主人(あなたの脳)がしている努力の中身を判定してくれているのです。
よく言われる「いたきもちいい」という感覚は、硬くこわばって、働きが無くなってしまっていた部分が、働きを取り戻し始めたという合図なのです。
注射などで痛みを止めるということは、そのナビのスイッチを強制終了させることを意味しています。もし注射で痛みを止めている間に、うまい具合に腰痛を生み出した原因が解消してくれていれば問題はありません。それならば腰痛が再発することも無いでしょう。
ですが、残念ながらほとんどの場合そうはなりません。そうして痛みが再発し、また注射を打つ、ということを繰り返しているうちに、ナビの機能はすっかり鈍ってしまいます。酷い場合には、前は効いていた注射では効かなくなり、さらに強い注射を打つといった悪循環に陥ってしまいます。

初回、Sさんに体操をお教えした時は、動きの手順を覚えるのに精一杯だったこともありますが、全く何をやっているのかわからなかったそうです。実際、ただ脚を挙げて下ろすというだけの動きになってしまっていました。
2回目は、手順の復習がメインになりましたが、5回中2回は割と良い動きをされました。ところが、Sさんご自身は良い動きと悪い動きの区別が付きませんでした。
3回目、4回目と徐々に体操の感覚が掴めるようになってくるに連れて、私の操法に対する反応も良くなってきました。眠っていたナビ機能がゆっくり目覚めてきたのです。
「先週は体が軽くなって、すごく楽になった」と言っていただけました。
今後は、少々の腰痛や坐骨神経痛が出ても、Sさんがご自分で体操をして痛みを無くせるようになることを目標に操法をさせていただこうと思います。
浅野整体の施術を受けた方の声

はじめての方へ

症状について

当院について